『奇跡の脳』

0
    奇跡の脳


    『奇跡の脳:脳科学者の脳が壊れたとき』ジル・ボルト・テイラー著
    新潮文庫

    「脳科学者である「わたし」の脳が壊れてしまった――。ハーバード大学で脳神経科学の専門家として活躍していた彼女は37歳のある日、脳卒中に襲われる。幸い一命は取りとめたが脳の機能は著しく損傷、言語中枢や運動感覚にも大きな影響が……。以後8年に及ぶリハビリを経て復活を遂げた彼女は科学者として脳に何を発見し、どんな新たな気づきに到ったのか。驚異と感動のメモワール。」



    最近読んだ本です。

    はじめてこの著者のことを知ったのが、訪問治療先のお宅で観たTV番組。
    ディスカバリーチャンネルかなんかで出演していて、おや、っと気になった。
    その後偶然、Eテレの「スーパープレゼンテーション」という番組で、
    著者のプレゼンを取り上げていて、検索してみたらかなり話題の方だったらしい。
    この著書も映画化が決まっているそうな。


    左脳に出血の損傷を受け、右脳優位の状態になったとき、
    なんと著者はたとえようもない幸福感、宇宙との一体感、涅槃の境地にいた。。。

    神経解剖学的には、出血により、左脳の言語中枢と方向定位連合野(自分の肉体の境界の判別に関わる)が機能しなくなった。
    それで、脳のおしゃべりが止み、自分自身を固体としてではなく、流体として認知する(宇宙と一つになったと感じる)ようになった、ということ。
    いわゆる宗教体験や臨死体験は、脳の機能であるということが、よくわかりました。

    でもこの本のおもしろいところは、テイラー博士の回復過程において、左脳の理性的な機能を回復させつつ、右脳の深い安らぎと愛のこもった共感に満ちた感覚をいかにもち続けることが可能か、を教えてくれるところです。
    「心の庭を注意深く手入れする」ことで、それはだれにでも可能だと言っています。


    TVで観た彼女は、脳卒中後とは誰も気付かないくらいに普通に話し動き、
    科学者としての知性も取り戻していました。
    それだけでもすごいと思うけど、プラス、明るくて平和な目をしていたのがとても印象的。


    リハビリの過程を知るもよし、脳の知らざる可能性として読むもよし、
    人生をより幸福におくるヒントとしてもオススメしたいです。(^^)




    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM