Now Playing

0
    患者さんからオススメCDをお借りしまして、
    最近の院内BGMとなっております。
    (Oさんありがとうございます!)

    池松宏1
    池松宏「Ave Maria」

    コントラバスとハープの美しい調べ。
    私の好きなパッヘルベルのカノンも入っています。

    余談ですが、、、
    有名なカノンの楽曲ですが、私がはじめて意識的に聞いたのは
    その昔、戸川純(この人今何してるんだろう?)が
    この曲に歌詞を付けた「蝶化の女」という曲。(知ってる?)
    なので、今でもカノンを聴くと、「月光のしろき〜」の歌詞が
    自動的に頭の中に流れてしまう。。。(笑)



    池松宏2

    池松宏「日本の詩」

    こちらはコントラバスとピアノで、日本の童謡など耳なじみがよい曲ばかりです。
    こうやって聞くと、コントラバスが、中国の胡弓のようにも聞こえてきます。
    バスとピアノが楽しげに遊んでいるような、明るい気分になります。



    バスというくらいですから、バイオリンなどよりトーンが低くて、
    なんとなく腰がどっしりして、落ち着く音色です。
    音楽の身体への癒し効果ってあるね〜、って再確認です。

    またオススメがあったら教えてください。





    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM